GREEN_U20140125_TP_V
生活圏とマッチするなら絶対おすすめのイオンカードですが、実際使って感じる意外なデメリットをご紹介します。

イオンカードのデメリットといえば還元率が悪いという点が良く指摘されます。一方イオンの店舗ではイオンカード会員向けの特典やキャンペーンが多数展開されています。そのため還元率の悪さを各種特典利用で補おうと考える訳ですが、このカード会員向けの特典が非常に多く、かつ煩雑であるという点が悩みの種となってしまいます。


イオンカードの特典をざっと挙げてみますと、「20日30日5%オフ」のお客さま感謝デー、毎月10日ありが10デーでポイント5倍、毎月15日はG.G感謝デー(55歳以上5%オフ)などです。他にもサンキューパスポート、バースデーパスポートなど単発で提供される特典もありもはや特典だらけなのは良いのですが、5%オフとポイント5倍はどちらが得かもはや混乱しそうですし、感謝デーはその場で割引、G.G感謝デーは請求時割引とかなり難易度高めです。

加えて近年WAONポイントが全力で推しまくりされており、毎月5日・15日・25日に2倍、毎月10日5倍の特典の他に店舗毎(運営会社毎)に独自特典も提供されています。
つまりイオンカードとWAON、どっちが得か問題の発生です。ちなみにWAONポイントはイオンカードオリジナルのときめきポイントとは別物である点も要注意です。基本的にはWAONポイントは利用額200円毎に1ポイントであるのに対しときめきポイントは200円毎に2ポイント(100円で1ポイントではない)なので、カード利用に徹した方がお得と言えそうなのですが、商品によっては期間限定でWAONポイントにボーナスポイントが加算されるものがあるため、還元率で逆転する場合もあり、またときめきポイントといえば1000ポイント以上貯めないと使えない上有効期限が最大2年間というデメリットもあり問題を一層複雑にしています。


さらに言えば、カードとは直接関係ありませんが、毎週火曜日の火曜市、第二日曜日の5%オフ(運営会社ごとに企画)など恒例企画もあり、まあ大体いつも何かしらお得とも言えますが、逆にいつも何か逃しているんじゃないかという不安神経症的な感覚を経験しがちなのも事実です。じつはこれがひとつのマーケティング戦略なのかもしれません。

実際にイオンカードを長年使っていつも気になっていたイオンカードの意外な、そして最大のデメリットとして特典が多すぎて本当のお得が把握し難くいつも悩みの種となるという点をご紹介しました。これからクレカを作ろうという方、そして出来ましたらイオンクレジットの企画担当者様に参考にしていただければ幸いです。
スポンサードリンク