AMEMAN314B009_TP_V
投資には、大きく分けると2つの種類があります。誰かに運用を任せる方法と、自力で運用する方法です。その2つの方法はどちらがおすすめなのでしょうか?そもそも、どういう方法があるのでしょうか?

運用を任せるタイプの投資の代表例は、投資信託です。投資信託は、専門家に運用を任せる事になります。

例えば投資信託で購入手続きを行い、10万円運用してもらう事になったとします。その結果、11万円に増えてくれる事もあれば、9万円台になってしまう事もあるのです。どちらになるかは専門家次第です。適正に運用してくれれば、11万円になる可能性はあるでしょう。ですから、銘柄はよく選ぶ必要があります。

その他にも、株式投資があります。株の場合は、基本的には自力で取引する事になるのです。チャートなどを確認して、自分なりのやり方で株を買っていく事になります。信用取引なら売りから入る事もできます。
株式投資で利益が発生するか、それとも損失になってしまうかは、自分の努力次第です。きちんとリスク対策などを勉強しておかないと、大きな損失になってしまう可能性はあります。
逆に、きちんと勉強しておけば大きな利益を得られる可能性もあるのです。頑張り次第では、投資信託よりも大きな利益が発生する事もあります。

では株と投資信託のどちらが良いかと言われれば、それは状況次第です。普段忙しいなら、基本的には投資信託がおすすめです。

サラリーマンの方々などは、普段とても忙しいです。自力で株の取引をしたくても、昼間の時間帯は会社で作業しなければなりません。取引する時間を確保できないでしょう。その点、投資信託なら専門家が取引を代行してくれるのです。

逆にある程度時間を確保できるなら、株式取引を検討してみる価値があります。現に、株の専業トレーダーの方々もいます。副業というより、株式投資だけで食べている方々も少なくありません。

ですから、どちらがおすすめなのかは確保できる時間次第とも言えます。ただ、どちらの方法でお金を動かすにしても、最低限の知識は学ぶ必要があります。

投資信託の場合は、確かに専門家に取引を代行してもらえるのですが、それでも基礎知識は覚えるべきなのです。そもそも投資信託は、銘柄を選ばなければなりません。銘柄選びに関する知識は、どうしても必要です。

まして株やFXなどの投資商品ですと、覚えるべき事柄は色々あります。書籍などで勉強している方々も少なくありません。
スポンサードリンク