PAKUIMGL9532_TP_V (1)
ろそろクレジットカードの利用も考えたい
新社会人や大学生になると何かと物入りになり、お金が必要になります。生活必需品やスーツ、制服など新しい環境で必要なものを優先する必要があるため、ちょっとクレジットカードで購入してとりあえず支払いを先延ばしにしておきたい、と考えることも多いかと思います。そんな時、クレジットカードがあればなんとか乗り切ることもできます。

また、飲み会なども増えるが、その場で手持ちの現金が持てないということもあるかと思います。このような時でもクレジットカードは大活躍します。現金決済だけでなく、支払い方法は複数持っていた方がもしもの時にチャンスを失わずに済みます。


クレジットカードの種類が色々あって選べない
初めてクレジットカードを選ぶとき、その種類が多くて困惑することも多いかと思います。たいていの人は銀行や郵便局を利用しているため、銀行からのダイレクトメールなども多いかと思います。また現金派の人は、ネットショップの利用も代引きやコンビニ払いなどにしている方も多いのではないでしょうか。ネットショップを利用されている方は、購入の度にクレジットカード加入案内が表示されるかと思います。

このように様々なサービスに付帯してクレジットカードの加入案内が来るかと思いますが、これらの案内は、所有していない人からすれば迷惑メールに匹敵する情報で、表示すればするほど、嫌悪感が出るものです。

様々な比較サイトでクレジットカード情報が紹介されています。新規加入により○万円キャッシュバックや、ポイント○倍などがあります。お金やポイントで各社サービスを提供しますが、選ぶ際におすすめのポイントは、自分の「普段の行動」です。

できればお得なカードにしたい
「普段の行動」とは、普段の購買行動で利用する店舗・サービスのことです。
例えばネットショップを毎週のように使用する方の場合、これはよく利用するネットショップと提携している中から選定するのがおすすめです。

また、普段デパートや百貨店を使用する方であれば、そのデパートと提携している中から選定するのがおすすめです。もしくは購買行動をしないという方でも、電車移動や車移動をするかと思います。そのような方の場合、交通会社のクレジットカードや利用している車会社のクレジットカードの中から選ぶのがおすすめです。

このように普段の行動を見ることにより、おすすめクレジットカードが自動的に絞り込まれます。次に絞り込まれた中からポイントや付帯サービスを選ぶのがおすすめです。これは普段の行動に付帯して、勝手にポイントがたまっていくためです。


クレジットカードを選ぶ手順のまとめ
まずは、「普段の行動」を見てみましょう。これによりクレジットカードの種類が絞り込まれます。次にポイント還元率と年会費をみるといいと思います。年会費が特に高い場合、せっかくたまったポイントが無駄になってしまいます。したがって、普段の行動でどの程度ポイントがたまり、年会費と比べどちらが高いか比較するのがよいかと思います。

最後に、付帯するサービスを見ることにより自分が利用したいサービスが入っているものを選びましょう。定期的に収入がある方であれば、クレジットカードを利用した方がコストパフォーマンスは非常によくなります。できるだけ日常的に消費される「コスト」を意識して選定しましょう。
スポンサードリンク