SUUNTOIMGL3939_TP_V
共働き世帯が専業主婦世帯を上回った現代ですが、それでも子育てや介護など、家庭の事情で外に働きに出れない主婦はまだまだたくさんいると思います。
もう少し自由に使えるお金があったらいいのに、欲しいものがあるけど高価だから我慢している、そんな主婦の皆さんのために、毎日のほんの少しの隙間時間を使った在宅ワーク「クラウドソーシング」についてご紹介します。

パソコンとネット環境さえあれば誰でもできる「クラウドソーシング」とは
クラウドソーシングとは、インターネット上で「仕事をして欲しい人」が業務を発注し、「仕事をしたい人」がそれを受注する、というIT社会ならではの新しい仕事の形態です。

業務内容は、簡単なアンケートから記事のライティング、さらには高度な専門知識を必要とするプログラミングに至るまで多岐に渡ります。一般の方がこなしやすい仕事はやはりアンケートや記事のライティングなどに限られますが、テーマが子育て、介護、家事、観光、ペット、レビュー、美容など、日常の経験をもとに書ける案件もたくさんあるので、取り組みやすいと思います。まずは自分の得意なジャンルから試してみると良いでしょう。

アンケートの場合報酬額は数円程度ですが、ライティングは文字数によって報酬額が変わってきます。初めのうちは一文字あたり0.1円以下(つまり1,000文字書いて100円程度の報酬)の場合が多いですが、慣れてくれば長文もスラスラと書けるようになるので、高額な案件にも挑戦することが出来ます。

クラウドソーシングを始める方法について
クラウドソーソングを提供しているサイトは多数あります。登録数や年間の案件数などを見て、なるべく大手のサイトで、信用できるものを探しましょう。「ランサーズ」や「クラウドワークス」などが現在は人気のようで案件も豊富にあり、仕事なくて困る、という事態にはなりにくいのが特徴です。

気に入ったサイトで仕事をするには会員登録が必要です。個人情報の入力は必要ですが、クライアントには表示されないので、匿名で仕事ができる事も安心できる材料の一つです。
会員登録が終わったら早速、案件に取り組んでみましょう。まずは文字単価は気にせず、自分に書きやすいテーマ、文字数の少ないものから始めて行き、徐々に仕事の仕方について慣れていく事が大事なポイントです。

中には注意が必要な案件も
インターネットで商品の購入を代行して欲しいという案件をよく見かけます。報酬が高額で作業自体は簡単なため魅力的に感じる案件ではありますが、トラブルが多く、サイトによっては規約で禁止している事もあります。怪しいと思う案件はスルーするか運営に報告するなど、自分の身は自分で守るためのネットリテラシーは身に付ける必要があります。

まとめ
パソコンとインターネット環境さえあれば好きな時間にどこでも仕事ができるのが最大の魅力のクラウドソーシングです。うまく活用すればちょっとしたお小遣い稼ぎになります。基本的な文字入力さえできれば誰でも隙間時間で出来る仕事なので、主婦にはオススメの仕事だと思います。
スポンサードリンク