unificDSC08664_TP_V (1)
少しでも支払いをお得にしようと考えると、日々の支払いをクレジットカードにする事をお勧めします。色んなクレジットカードがある中でどのカードが一体お勧めなのか、と壁に当たると思います。
今まで10枚近くのカードを実際に契約し、使ってきた中でお勧めのカードを記載したいと思います。

まずは、一番大事なのは実際に何にクレジットカードを使うかと検討する事です。格好つける為、持っていたら大人かなと思うからという理由なら、正直、カードは作らずに現金主義であるべきだと思います。
そのような気持ちではなく、きちんと生活の中で使用予定があるならば、カードを持っていると現金よりもお得です。特にガス、水道、ネットや電気代を支払う予定があるならクレジット引き落としの方が口座引き落としよりもお得です。普通のクレジットカードなら0.5%から1.5%の還元率になります。

主婦の方でよく使うスーパーが固定されているなら食費の方が光熱費よりも高額になるならそこのスーパーのクレジットカードを保有している事が一番ポイントは貯まりやすいでしょう。また、スーパーのクレジットカードなら貯まったポイントもそのスーパーで使用する事が出来るので、使う時にも困りません。

固定のスーパーがなく、色々と使うなら敢えて一か所やその使うスーパー全てが提携してるクレジットカードを保有する事はお勧めしません。ポイントが分散してしまう事もありますが、沢山持つ事は無くすリスクもあります。ポイントの還元率が下がっても全てのスーパーで使用出来るクレジットカードで統一すべきです。

ポイントを貯めて、使いやすいカードと言えば楽天カードTカードになります。貯まったポイントはコンビニやドラッグストア、マクドナルドやミスタードーナッツ等で使用する事が出来ます。ポイントの還元率も1%あるので、それ程少ない還元率でもなく使用し易いカードになります。
還元率が1.2%と楽天カードやTカードよりも高いのはリクルートカードです。リクルートポイントはポンタポイントと一緒に出来るのでローソンをよく活用する人にはお勧めです。ポイントが実際どこの場所で使えるのか確認し、よく使う店が多いカードを選ぶのがいいでしょう。

コンビニもあまり使用しない、出来ればポイントを貯めて商品券に交換したいと考えるならある一定の条件ではライフカードがお勧めです。
ある一定の条件とは使う金額が最低でも年間50万円以上、出来れば100万円以上の方です。それ以下の場合はポイントの還元率は0.5%です。誕生月には1.5%になります。年間100万円以上しようするなら翌年のポイント還元率は0.9%になります。楽天カードやTカードよりも還元率は劣りますが、誕生月は1.5%になるのでその時に少し巻き返す事が出来、魅力です。
また、年間100万円に到達せず、50万円程の場合でも年間50万円支払いを使用した段階で300ポイントを得る事が出来ます。そのラインを狙う事がお勧めです。
ライフカードのポイント、サンクスポイントも繰越で5年間貯める事が出来ます。少しずつ確実に貯める事が出来ます。

クレジットカードの目的は多くの人がポイントだと思います。使い易いポイントである事が第一優先事項になるでしょう。次は還元率、そして使用期限が何年で目的の商品までポイントを貯める事が出来るのかを考えるべきです。
それを順番に勘案するとおのずと自身に合うクレジットカードを見付ける事が出来ます。
ぜひ、クレジットカードで生活に合ったカードでお得にポイントを貯めて下さい。
スポンサードリンク