hageIMGL0493_TP_V
消費者金融からすでに一定額の融資を受けている方は、少しずつ返済しなくてはいけません。消費者金融によって定められている返済日が異なっており、その返済日に送れてしまうと遅延ということで、遅延損害金が発生します。基本的に遅延損害金は通常の利息よりも高い利息になっているので、極力発生させない方がいいです。もし発生させてしまった時は完済するまでのお金が大きくなるので、気を付けないといけません。

何かの理由によって、消費者金融が定めている返済日に返済することができなかった時は、すぐに連絡するのが基本です。連絡することで新しい返済日に設定してもらえる為、その期間に返済すれば全然問題はありません。ただし連絡をしないとハガキや電話などの方法で催促してくるので、内緒で消費者金融を利用している方は他の方に知られてしまう恐れが出てきます。

また連絡する際、基本的に怒られる心配はないので、安心してもらいたいです。
返済に遅れた場合は、どのように返済していくのか消費者金融のスタッフと話し合いをしていくことになります。ただし何度も新しい返済日を設定してもらっているにも関わらず返済できなかった場合は叱咤激励を受ける可能性があるので注意です。その他にも滞納期間があまりにも長いと分割で返済するのではなく、全額返済を命じられる場合があるので注意です。

少ない金額の場合は全額返済することができるかもしれませんが、高額な融資を受けている方は、いきなり全額返済を命じられると仕事や生活に悪い影響を及ぼします。裁判で訴えられる可能性もあるので、そのような状況に発展する前に消費者金融に連絡することが大切になってきます。

一定期間ごとに定められている返済日に対し、返済するのが難しいと感じた時は、基本的に連絡することが求められてきます。早目に連絡すれば、どのくらいの期間なら返済できるのかしっかりと話し合いをすることができるので、信頼関係が著しく悪くなることもありません。ただし利用限度額が減らされる可能性があるので、そのような状況が発生する前に返済をしていくのが基本です。

自分の収入と照らし合わせていき、無理なく返済できるように計画を考えていくことが重要なポイントです。それでも返済が難しい時は、消費者金融によって少ない金額で返済できるように調整してくれる場合があります。電話で相談や連絡をすることで、少しでも返済しやすい状況を作ってくれるので、臆せず報告することが大切になります。
スポンサードリンク