INA99_saifuaketara1en_TP_V
クレジットカード作る時には、自分が損をしないための注意点があります。クレジットカードを作る注意点を気にしていないと、カードを作ったことで、余計なお金を支払うことになりかねません。クレジットカードを作る時には余計なお金を支払わずに済むように、損をしないための注意点を理解しておくと安心です。
そこで、クレジットカードを作る時に損をしがちな注意点を紹介します。


①クレジットカードは、何枚つくるもの?
クレジットカードには便利な特典がついているものが多いので、つい何枚ものクレジットカードカードを作成したくなりますよね。
そもそもクレジットカードは、何枚程度作っているものなのでしょうか?日本クレジット協会の調査(2016)によると、日本人1人あたりのクレジットカードの平均所有枚数は、2.5枚です。銀行など色々なサービスを利用していると、サービスの分だけカードの枚数が増えるものです。言い換えると、気をつけないとクレジットカードの枚数だけ、損をしている可能性もあります。


②クレジットカードには、年会費がかかる場合がある
クレジットカードを作る時に損をしないように注意する点は、カードの年会費です。クレジットカードによっては、全く年会費のかからないもの、作成して2年目から年会費がかかるもの、作成直後から年会費のかかるものなどがあります。
クレジットカードの年会費は、数百円~数千円かかるカードもあります。年会費がかかっていることを知らないと、知らず知らずのうちに余計なお金を支払い、損をしてしまう場合があります。特に、作成して2年目以降に年会費がかかるようになるカードは、年会費がかかっているかどうか、忘れてしまう場合が多いです。クレジットカードを作る時には、年会費がかかるかどうか確認してからカードを作ると良いです。


③クレジットカードは、年会費がかからない方が良い?
クレジットカードには、年会費がかかるもの、年会費が全くかからないものがあります。どちらのカードが良いかは一概には言えません。理由は、年会費がかかる場合でも、お得な特典がついていたり、ポイントの還元率が良かったりする場合があるからです。
そのため年会費がかかるクレジットカードを作る場合には、利用した時に年会費以上のメリットが自分にあるかを検討すると良いです。自分が支払う年会費と、カードを使った時のメリットを比較してみて、年会費よりもメリットが上回るカードを作成することをおすすめします。
スポンサードリンク