PAKUIMGL9532_TP_V
クレジットカードを作る際、まずどうやって作ればいいのか?作ってもどのようなカードがいいのだろう…と誰しも考えることと思います。
そこで今回、クレジットカードを作る段階から、作った後で損しないための方法を自分なりにまとめたものを提示したいと思います。

まず、クレジットカードはついひと昔前までは対応する各店舗の窓口や受付など、実店舗に行かないと作れないことがほとんどでした。しかし、インターネットが普及した今、ほとんどのクレジットカードがネット上で簡単に個人情報を入力するだけで発行できることができるようになりました。
どちらでも基本作るのには変わりないしどちらでも好きな方でいいのですが、個人的にネット上で発行した方が手続きもスムーズな上に、発行したときの特典が大きいことが多いのです。発行するカードによって特典というのは全然違ってくるので一概には言えませんが、例えば、「カードを作るとポイントを5000ポイント差し上げます」というよう特典だった場合、同一カードの発行をネット上でも行っていた時に、そちらで発行すると+2000ポイントですとか、何かしら得することが多いです。
おそらく、店舗などでの登録になると必ず対面でのやり取りになるので人件費の問題があるのだと思います。その一方でネット上では誰とも接することなく、マニュアル通りに個人情報を入力するだけで簡単に登録することができるからです。

ここで、じゃあどうやってネット上で登録すればいいのか?という事になります。
まず考えることは、欲しいクレジットカードを発行する公式ホームページが思いつくと思いますが、別にそれでも全然問題ありません。ですが、少しでも得をしたいのであれば、ポイントサイトに登録してそこからクレジットカードの登録を行うと、そのポイントサイト上でのポイントもつくことになるのでかなりおすすめの方法になります。それが案外ポイントが高いのです。取り扱っているカードメーカーが必ずしもあるとは限りませんが、メジャーなカードであれば基本、どのポイントサイトでも取り扱っている場合がほとんどです。

で、ここで注意なのが、そのポイントサイトによっても受け取れるポイントにかなりのばらつきがあるので、少し手間かもしれませんが、そのポイントサイトを何社か確認し、自分が欲しいと思ているカードの受け取れるポイント特典を比較するとよいです。この方法をするだけで、従来のクレジットカード発行の特典+αポイントサイト上でのポイントも受け取れることができ大変お得になります。もちろん、その受け取ったポイントもサイトによって使い道が異なります。現金やギフト券、電子マネーに還元など様々なので、総合して自分に合ったポイントサイトを選ぶ必要があります。

そして、みんなが悩む第二の疑問として、クレジットカードは欲しいけれどどのようなものがいいか全然分からない…という方もたくさんいると思います。クレジットカードは、買い物をする際に提示して、提携している銀行から後程引き落としという流れが一般的で、基本的のどのカードでも一緒です。
違いは、その買い物をするときに単位当たりの金額でどのくらいのポイントがつくのか…。これがクレジットカードを利用する際にとても重要になります。それは、カードによって違ってくるからです。もちろん、年会費が無料だとか、年間利用額に応じてさらに特典を…など普段の支払いとは別に特典を用意している会社もたくさんあります。ですが、1年という12か月間の長い月日を考えると、普段のちょこまかした買い物であっても、ポイント還元がよりいいほうが総合して考えて断然お得だと思います。それは比較するしかありません。

それから、自分でどういう場所でよく買い物をするのかがとても大事です。よく聞くVISAやJCBなどのブランドはコンビニやホテル、飲食店など対応しているところであれば基本どこでも利用できます。しかし、中にはその買い物に応じて受け取ったポイントを使える場所が限られている場合が多いので、選ぶ際はどこで一番よく買い物をするのか、年間での支出を考えて、どういうところで一番お金を費やしているのかを考え、カード会社を選ぶことが鍵となります。
スポンサードリンク