ATMDSC04616_TP_V
お金を借入するためにカードローンを申し込もうと思った時、銀行カードローンか、消費者金融のどちらかで申し込みをすることになります。
当然、どちらかを選ぶなら消費者金融よりもイメージの良い銀行のカードローンを選びたいですが、銀行カードローンは審査に通りにくいなどの噂から、消費者金融を選ぶ人が圧倒的に多いです。
ここでは、銀行カードローンと消費者金融のカードローンの違いについて解説します。

銀行と消費者金融の違いとは
1.総量規制
銀行カードローンと消費者金融では、カードローン業務において適応される法律が異なります。
銀行カードローンでは銀行法、消費者金融では貸金業法という法律が適応され、両者では貸付する金額の上限や、貸付できる対象が異なるのです。
わかりやすい違いとして挙げられるのが総量規制という制度です。
銀行カードローンと消費者金融のカードローンの大きな違いは、総量規制の有無。
総量規制とは、貸金業法で定められた借入の合計金額が「年収の合計の3分の1」を超えないように規制する法律です。
貸金業法は消費者金融に適応される法律なので、消費者金融からお金を借りる場合には年収の1/3を超える借入ができません。
例)年収300万円の方は、300万円×1/3=100万円 借入可能額 : 100万円

この規制によって多額の借入が難しくなったのですが、この総量規制は消費者金融のみが対象となり、銀行カードローンは対象外となっています。

2.銀行カードローンは銀行法を適用
銀行カードローンは、貸金業法では無く銀行法が適用されるため、総量規制関係なく借入をすることができるようになっています。
なので高額の借入に向いていて、消費者金融では総量規制によって借入できなかったという方でも銀行カードローンなら借入が可能です。

3.金利が低いのも銀行カードローン
銀行カードローンは消費者金融のカードローンと違って、金利が低めに設定されていることが多いです。
上限金利を比較すると消費者金融では大体18.0%程度ですが、銀行カードローンの場合は、14.5%程で借入できるケースが多いです。
ですが、2017年4月から始まった銀行の過剰融資に対する自主規制によって、銀行カードローンの審査の難易度も今までよりもっと厳しいものとなりました。

4.無利息期間があるのは消費者金融
銀行カードローンと違って、消費者金融は無利息期間を設けている消費者金融があります。
SMBCコンシューマーファイナンス、アコム、アイフルは現在無利息期間があります。

5.消費者金融なら即日キャッシングが可能
消費者金融の一番のメリットは「審査スピードが早い」ということです。
銀行は自社で審査を行わず、保証会社に委託するケースがほとんどなため、審査に時間がかかるケースが多いです。
消費者金融なら、平日のお昼頃(目安は14時)、すなわち銀行の営業時間内に申し込み・審査を終えれば、ほとんどの場合で銀行口座振込による即日キャッシングが可能です。

また、プロミス・アコム・アイフルなど、自動契約機によるカード発行に対応している消費者金融を利用すれば、自動契約機の営業時間内までならカード発行をしてもらうことができ、22時まで即日で借りることができる場合もあります。

以上、銀行と消費者金融の違いでした。
スポンサードリンク