buyIMGL6598_TP_V
日経平均株価などの指数を売買する投資信託にETF(上場投資信託)があります。証券会社ではなく、証券取引所で売買されています。ETFは低コストで運用できたり、リアルタイムで取引ができたりするなどのメリットがありますが、ただサラリーマンは仕事で忙しくて相場の動きなど見ていられない、というのが実態です。従って、投資をしたくても手が出せません。

●ETFを自動売買できるトライオートETF
インヴァスト証券が2016年から提供しているETFの自動売買サービスにトライオートETFがあり、利用者は何もする必要がありません。また、海外ETFを両替せずに日本円で売買できるため、為替リスクを受けずに投資ができます。トライオートETFはCFD取引になっており、株や債券などの現物を購入するのではなく、売買した差額だけをやり取りする差益決済になっています。

●トライオートETFのメリット
トライオートETFのメリットには主に以下の2つがあります。

1.自動売買
ETFは投資信託ではあっても通常の投資信託とは違い、ファンドマネージャーに運用を委託するのではなく、自分で売買しなくてはなりません。当然、情報の入手や相場の動きを見なければなりません。

しかしトライオートETFは自動売買なので、投資スタイルを決めておけば、あとは自動的に売買が行われます。例えば、海外ETFの場合は日本時間の夜中に取引が行われますが、トライオートETFなら寝ている間でも取引が成立します。当然、仕事中などで取引をしていられない時でも投資が可能になります。

2.レバレッジが5倍
現物のETFにはない5倍のレバレッジが設定されています。レバレッジというのは投資金以上に利用できる倍率のことであり、レバレッジが5倍の場合は、10万円の資金で50万円分の商品を購入できることになります。

●注文方法
トライオートETFの自動売買注文の仕組みはとてもシンプルです。設定する条件は以下の3つです。

1.最初にいくらで買うか(新規注文)
2.いくらになったら決済するか(決済注文)
3.決済した後、次にいくらになったら買うか(次の注文)  
   

例えば、
1.100ドルで買い
2.3ドル上昇したら決済(103ドルになったら決済)
3.103ドルが2ドル上昇(105ドルになったら)、または2ドル下落したら(101ドルになったら)次の買い

以上のような注文を出しておくと、その数値になった時に自動的に取引を成立させます。

●トライオートETFの始め方
トライオートETFを始めるには以下の手続きが必要です。
1.インヴァスト証券の口座を開設します。
2.投資金を入金します。
3.投資対象のETFを選び、売買方法を設定して自動売買をスタートします。


●自動売買の魅力
ETFは非常に有効な投資商品ですが、サラリーマンはいちいち相場の動きに対処していられません。その点、トライオートETFなら売買方法を設定しておけば、相場の動きを見ていなくても指定した通りの取引をしてもらえます。また、トライオートETFはCFD決済になっているため、現物を購入する必要が無いことで資金を有効に投資に使えます。
スポンサードリンク